ついに墓碑が【九州国立博物館へ】

遣唐使の墓碑はついに帰国し、九州国立博物館で展示されることになりそうです。 以下は朝日新聞から転載しました。 遣唐使の墓誌、1288年ぶり里帰り 愛知万博で公開へ  中国・西安で昨年発見された日本人の遣唐留学生「井真成」の墓誌の里帰りが実現し、12日夜、成田空港に到着する。奈良時代、717年に日本を出発して以来1288年、真成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ正式発足

4月1日づけで、正式に【九州国立博物館】として組織が発足いたしました。泣いてもわめいても後半年したら開館を迎えます。いよいよラストスパートです。 私も正式に博物館勤務の辞令が出て、所属が「展示課」?ということになりました。学芸員でもないけど「展示課」です。まわりには「楽芸人」ということで笑いをとっています。 寒かった太宰府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓碑1200年ぶりに帰国! 5月に愛知万博で

産経新聞によれば、愛知万博の中国館に、遣唐使”墓碑”が帰国するようです。以下、新聞から転載します。 遣唐留学生墓誌、5月に“帰国” 愛知万博・中国館で展示へ  中国・西安市で昨年十月に見つかり、日中両国で注目を集めた奈良時代の遣唐留学生の墓誌(生前の功績を記した墓石)が、五月に愛知万博(愛・地球博)のパビリオンで展示される…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「井真成」は誰? 東京の国際シンポで

前回は中国の研究者である、王教授による遣唐使「井真成」の墓碑の研究について触れた。 今回は先月28日に、東京有楽町朝日ホールで開かれた国際シンポの話題が11日の読売 新聞に掲載されていたのでここで触れてみたい。 今回のシンポでは中国から4人、日本から8人の研究者が集い「井真成」とは誰か、について活発な 議論が戦わされた模様…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不思議な縁?

この前、私の職場にホームページを制作している会社が売り込みに来た。いろいろ話をしていると、その会社は長崎に本社があり、なんと「五島市」のホームページを作ったところだった。管理人が五島の出身と聞いて向こうもびっくりしている様子・・・。 このごろ結構こんなことが多い。偶然というかなんというか・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1200年のロマン(遣唐使「井真成」)

五島まほろばネットワークの管理人です。ブログはじめてみました。五島列島関連のものについては、【五島まほろばネットワーク】にも掲載するつもりです。 ちょっと前に話題になった人ですが、皆さん「井真成」という方を覚えていますか?。覚えている人は結構歴史好きです。そう、この人は1270年前、唐に遣唐使として派遣され日本に帰ることを夢見な…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more